生協利用券が当たる!

生協で住まい探しをしてくれた市大生たちの声

時間がない中、素晴らしい住まいを選べました。

 合格が決まったのは3月上旬。新生活が始まるのは4月。何も準備していなかった私のとても慌ただしい期間が始まりました。1番気になっていたのが「住まい探し」。地方に住んでいた自分は当然大学の周辺のことなど知るはずもなく、不安でした。そんな中、合格通知書と一緒に入っていた生協の住まい探しのパンフレットをみて、住まい探しは生協でしようと決めました。

 合格手続きのため大学に行った時に「相談会」をのぞいてみると多くの不動産会社が来ていてたくさんの物件の紹介がなされていました。そこで業者の方に相談したり資料を見たりして自分にあった住まいを決めることができました。初めての一人暮らしに様々なこだわりをもっていた私も納得できるお部屋を選ぶことができました。

その場で見出した良さそうと感じた物件は、すぐに業者の方が実際にその物件に案内をしてくれます。自分の目で現地を確認できたことはとてもよかったと思います。物件の周辺の話も聞けるなど一人暮らしのイメージもわきました。

今も充実した大学生活を送れています。生協の住まい探しにとても感謝しています。

「住まい探し相談会」で決めました。

 私は生協の「住まい探し相談会」で部屋を決めました。相談会では、生協が紹介する不動産屋さんが様々な物件を紹介しており、安心して物件を見て回ることができました。また、大学から気になった物件まで連れて行ってもらえるのも相談会を利用するメリットだと思います。私も実際に、気になった物件まで連れて行ってもらって部屋を決めました。写真ではわからなかった、アパート周辺の様子やアパート自体の様子も分かってよかったです。

 部屋選びをするにあたって、学校からの距離や部屋の広さなどの色々と重視したい点がでてくると思いますが、ここだけは譲れない!というこだわりをもつと自分の気に入った物件に出会えると思います。私は通学の利便性と部屋の周辺の環境という項目を重視して部屋探しをしました。その結果、学校へは自転車で通学可能で、大家さんがすぐ近くに住んでいて安心なアパートを見つけることができました。

  不動産屋さんなどから色々な物件をおすすめされると思いますが、最終的に部屋を決めるのは皆さんなので、こだわりをもって自分が納得できる部屋探しをしてください!

親しみやすい相談員さんのおかげでいい家をみつけることができました。

 各物件のいいところだけでなく悪いところも教えてくれたので、満足のいく物件をみつけることができました。

僕は12月末には合格が決まっていましたが、住まい探しのスタートダッシュに失敗し、3月半ばになって住まい探しを始めることになりました。しかし、そんな入学前の遅い時期でも相談員の方々は親身になって対応してくださり、「風呂・トイレ別、学校から近い、インターネットができるetc」といったワガママな条件に合う物件をいくつか紹介してくれました。

住まい検索システムと「相談会」できめました。

 私は出身が東北なので、実際に家を探せる日は合格手続で横浜に来る一日だけでした。短時間で決めなくてはいけなかったので気に入る家が見つかるか不安でしたが、住まい探し相談会で一度にたくさんの物件を見ることができてその不安は解消されました。

 相談会の会場で気になる家が何軒か見つかったので、不動産会社の方に実際に車で物件を見に連れて行ってもらいました。あまり時間の無かった私にとって、とても助かりました。地方から出てくる人は時間的にも地理の知識的にも不安がたくさんあると思います。そんな人にとって一度にたくさんの物件を見て比較できる生協の住まい探し相談会は、とっても役に立つはずです!

 横浜に来て実際に探す前までは、よく生協のホームページにある住まい検索システムを利用していました。自分の希望する条件を入力して探せるので便利でした。一人暮らしを始める時はたくさん心配事があると思いますが、生協のサービスを活用すればきっと気に入る部屋に巡りあえるとおもいますよ!